イニエスタとフェルナンド・トーレスの加入でクラブのSNSフォロワーはどれくらい増えた?


W杯による中断期間を経て再開した明治安田生命J1リーグ。



今週末の試合からは、新加入選手の出場も可能となり、


・ヴィッセル神戸へ加入したイニエスタ選手

・サガン鳥栖へ加入したフェルナンドトーレス選手


2人のスーパースターの出場も期待されます!








今回のミレスポでは、そんなワールドクラスの選手が加入した両クラブのSNSフォロワーが、加入前後でどう変化したかを探ります。




サガン鳥栖の場合


アトレティコマドリードからフェルナンド・トーレス選手を獲得したサガン鳥栖。


サガン鳥栖のSNSは加入のリリースを出した直後に、どう変化したのでしょうか?



サガン鳥栖Twitterでは、加入決定の旨をこのようにtweet。





Instagramでは、佐賀新聞の号外を持つトーレス選手の姿を第一報として投稿していました。





投稿は瞬く間に拡散され、Twitterでは25,000RT、Instagramの投稿には21,000いいねが。


フォロワーも大きく伸ばしました。





加入から24時間で伸びたフォロワーの数は、ご覧の通り。




全てのプラットフォームでフォロワーが大きく伸びていますが、


一番伸びたのはInstagramで24時間で6,500人もの新規フォロワーを獲得していました。





ヴィッセル神戸の場合



トーレス選手の加入発表から、遡ること約1ヵ月半。


もう1人のスーパースターが加入したヴィッセル神戸では、SNSアカウントにどのような変化が生まれたのでしょうか?


イニエスタ選手の加入をTwitterではこのように、




Instagramでは、このように投稿していました。




TwitterのRT数は21,000でしたが、Instagramの投稿には62,000ものいいねがつきました。



フォロワー数の増加具合を見ると、こちらも加入当日に大きな山が出来、そこから1週間程度急速なフォロワー増加傾向が続いていました。





加入発表後24時間のフォロワー獲得は、鳥栖と同じくInstagramが一番伸びていたという結果になりました。







ご覧いただいたとおり、


イニエスタ選手・トーレス選手の加入による効果はクラブ公式SNSのフォロワーという観点で見ても絶大な影響がありました。


22日の明治安田生命J1リーグ17節からは、ベンチ入りすることが可能となり、もしかしたら出場も?ということで、今後更なる盛り上がりが期待されます。



スーパースターの美技にスタジアムで酔いしれ、


SNSから伝わる意外な一面に益々スター選手に惹かれていく。




ファンにとっては、なんとも幸せな時代になりました。




お問い合わせ

スポーツ領域のSNS・ミレニアルズマーケティング等に関して、お気軽にお問い合わせください。

関連記事