【2018年11月】11月にフォロワーが増えたスポーツアカウントはどこ?SNS別フォロワー数調査

------------------------------------

執筆者:インターン大学生G

スポーツビジネスに興味がある大学3年生。

------------------------------------


プロ野球のシーズンが終わった11月。

SNSではどこがフォロワー数を増やしたのでしょうか。

その背景にはなにがあったのかを探っていきたいと思います!


Twitter


まずはTwitterのフォロワー数の変化から見ていきましょう。

11月のフォロワー増加数TOP20はこちら



1位から3位をプロ野球の球団が占めていますが、10月と比べるとあまり伸びていないことが分かります。

やはりシーズンが終わったことによる影響でしょう。


Bリーグもシーズンが始まったものの、まだリーグ序盤。

優勝争いなども遠くなかなかフォロワー数は伸びてきませんでした。


やはりシーズン終盤のJリーグ勢のランクインが多いですね!

その中でも注目したのは


松本山雅です!


10月のフォロワー増加数は355人と伸び悩みましたが、11月は1,036人とおよそ3倍に伸ばしました。

伸びた要因はやはりJ2リーグ優勝!


11月17日に行われたJ2リーグ最終節。

4クラブに徳島ヴォルティスと引き分け優勝を決めると、その日だけで443人もフォロワー数が増加!!


シャーレを掲げる瞬間や反町監督も一緒に踊った松本名物のアルプス一万尺、優勝後のロッカールームの様子など多くの動画をツイート



2,000いいねを超えるツイートも。


やはり優勝というトピックはフォロワー数に大きく影響しますね。



Facebook


Facebookのフォロワー増加数TOP20がこちら



Facebookのトップは10月から変わらず、川崎フロンターレ。

10月の13,833から7,118と数は減ったものの、2位以下に大差をつけました。


FacebookもTwitter同様にJクラブのランクインが目立ちます。


フロンターレの特徴は外国人のファンを増やそうとしていることです!

実はFacebookは海外ではとても利用率が高く、日本以上に影響力があります。


そのためフロンターレの投稿を見ると



日本語の投稿の後に




このような中国語の投稿が見られました!



またヴィッセル神戸も外国人層を取り入れる企画をしています。


その企画というのがこちら




イニエスタ選手が漢字を学ぶというコーナーです。


ポドルスキ選手、イニエスタ選手だけでなく、今月にはビジャ選手の加入も決まったヴィッセル。


ワールドクラスの選手が3人もいて、海外からの注目は他クラブよりも圧倒的に高いです!


Facebookの活用は、クラブ・リーグを世界に広めるチャンスかもしれません。



Instagram


Instagramのフォロワー増加数TOP20がこちら



Instagramのトップは新日本プロレスでした!


毎日200人前後の伸びを見せた新日本プロレス。


11月19日にはNHKの人気番組「プロフェッショナル仕事の流儀」に内藤哲也選手が登場しました。




「プロフェッショナル仕事の流儀」はNHKが長年にわたって放送している人気番組。

この番組を見てフォローした人も多いのかも?


さらにこんな動画も投稿



いかついイメージのあるプロレスかもしれませんが、

こんな面白い動画や、ギャップを感じる一面も見れる投稿を普段からしているので、ついフォローしたくなるアカウントだと思います。



また、Instagramでは日本ハムにも注目。

シーズンが終わったにもかかわらず10月よりもフォロワー数が伸びています。


伸びた理由は新入団発表会!


日本ハムはドラフト1位で今年の夏の甲子園を沸かせた金足農・吉田投手を指名。

その他にも大阪桐蔭・柿木投手など指名した8人のうち5人が高卒ということで話題になりました。



毎年、入場観客数を更新している夏の全国高校野球。日本ハムファンだけでなく高校野球ファンにとってもこれから応援したくなるようなドラフトになったはず!

もしかしたら高校野球ファンのフォロワーが増えたかも?



優勝やテレビ出演などイベントでフォロワー数が増えるのはもちろんですが、ないときにどのように増やすかも重要。


ヴィッセルの漢字レッスン企画や新日本プロレスのボーリングの動画など、普段から面白いものを投稿するのもフォロワー数を伸ばす方法の1つだと思います!


またフォロワー数が多いアカウントを見ると、外国語のコメントが多く見られるのも特徴。

外国人層をどのように取り込んでいくかもこれからの時代には必要かも。


12月はスポーツのイベントは少ないですが、各スポーツリーグ・クラブがどのような工夫をしてフォロワー数を増やすのか注目したいと思います!


お問い合わせ

スポーツ領域のSNS・ミレニアルズマーケティング等に関して、お気軽にお問い合わせください。

関連記事