【2018年12月】Jリーグ勢が上位独占?SNS別フォロワー数調査

2018年も終わりを迎えてしまいましたね⋯。


11月に続き12月はどのアカウントでフォロワーが増えたか、探っていきます。

どんな変化が見られたのでしょうか?


Twitter

まずはTwitterのフォロワー数の変化から見ていきましょう。

11月のフォロワー増加数TOP20はこちら


先月に続き、プロ野球の球団は伸び悩んでいますね。


そんな中Jリーグアカウントがフォロワーを伸ばしました。

12月、Jリーグは全日程が終了し、天皇杯やJリーグアウォーズが行われました。





その影響としてJリーグアウォーズで表彰された選手がいるクラブのフォロワーも伸びています!

(ガンバ大阪や川崎フロンターレ、コンサドーレ札幌など)





また、クラブワールドカップに出場した鹿島アントラーズ、天皇杯優勝の浦和レッズなどリーグ戦以外で試合があったクラブもフォロワーを増やしていますね。




12月になると、天皇杯やクラブワールドカップを勝ち上がり試合があるチームと、敗れてしまい試合がないクラブが出てきてしまいます。

ランキング上位にいるのは試合があったクラブと表彰されたチームが多いかも?



Facebook

続いてFacebookのランキングです。

ここでもJリーグのクラブが目立ちます。

Twitter同様、試合があったチームが上位を占めていますね。


しかし1位になったのは「Tokyo2020」でした!

これは来年の東京オリンピックに向けて作られたアカウントです。


12月は東京オリンピックをより良いものにするためにボランティア募集をしていました。

より多くのボランティアを集まるために

スポーツボランティアの魅力を経験者が語ったり


カウントダウン形式で締め切りを忘れないようにするなどした結果⋯


なんと186,101人もの人がボランティアに応募しました!

オリンピックを盛り上げるためにこれからもフォロワーを増やし続けてほしいですね!




Instagram


Instagramで注目すべきはヴィッセル神戸とコンサドーレ札幌、そしてファジアーノ岡山です。

この3クラブの共通点は「外国人選手」です


ヴィッセル神戸

ヴィッセル神戸はなんと1万人を突破!

ビジャ選手の加入を発表した投稿には多くのいいねがつきました。




イニエスタ選手とともに2010年のワールドカップで優勝しているビジャ選手。

知名度もワールドクラスなのでコメントには多くの言語が見られました!



コンサドーレ札幌


コンサドーレ札幌はわずか7投稿のみ。しかし、先月の倍以上のフォロワーを獲得しました。

その要因はチャナティップ選手がタイ人として初めてのベストイレブンを受賞したことです!







View this post on Instagram









チャナティップ選手が2018Jリーグベストイレブンに選出されました????????✨ チャナティップ選手はステージで「コンバンハ。ボク、ウレシカッタネ。イマ、ドキドキ」と日本語で答え、最後にあの決めゼリフ「サイコー!」で締めると、会場内からたくさんの拍手が送られました???? 優秀選手賞初受賞、ベストイレブン初選出。 チャナティップ選手本当におめでとう!!! 来シーズンも頼んだよ!! @jaychanathip #consadole #コンサドーレ #サッカー #soccer #jリーグ #jleague #hokkaido #北海道 #sapporo #札幌 #thailand #タイ #北海道とともに #世界へ

北海道コンサドーレ札幌[公式]さん(@hokkaido_consadole_sapporo)がシェアした投稿 -



この投稿のコメントには日本語以外にもタイ語や英語が多く見られました。

現在行われているアジアカップでも得点を挙げるなどチームをけん引しているチャナティップ選手。

この大会で活躍すれば、コンサドーレ札幌もアジアからの注目が集まりそうですね!


J2クラブで唯一のランクインとなったファジアーノ岡山が

フォロワーを伸ばした要因も「マレーシア人」でした!


マレーシアの有望若手選手、ハディ・ファイヤッド選手が加入。



5,000近くのいいねが集まりました。J2としてはかなりの数字です!


また、Jリーグアカウントが2位にいることから外国人選手をクラブだけでなくリーグでいかに取り込んでいくかが大事だと思います!


12月はJリーグが人気でしたが、オフシーズンの1月も同じように上位を占めるのでしょうか。

それともBリーグやプロレスがもっとフォロワー数を増やすかも⋯?


------------------------------------

執筆者:インターン大学生G

スポーツビジネスに興味がある大学3年生。

------------------------------------

お問い合わせ

スポーツ領域のSNS・ミレニアルズマーケティング等に関して、お気軽にお問い合わせください。

関連記事